宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 資格取得後のみちしるべ > ダブルライセンスを狙う - 宅建資格試験

宅建とダブル資格

宅建は持っていて当然の資格だと何度か説明してきました。
ならば宅建の学習の経験をいかして、さらに資格をとっちゃいましょう!
組み合わせをいくつか紹介しておきます。

・マンション管理士・管理業務主任者+宅建主任者

これは平成13年にできたばかりの新しい資格です。

現在名古屋をはじめマンション建設がどんどん増加しています。
にもかかわらず、マンションの所有にかかわる権利や義務、法律に関する
知識が不足しており、ちゃんとした管理ができていない割合が多いために
つくられた資格です。

マンションの管理や所有者への指導、相談、助言などの
業務を目的としています。

試験内容、業務共に宅建と相性がよいです。試験内容に関しては宅建と重複する
部分も多くあるのでオススメ資格のひとつです。


・税理士+宅建

はじめて学ぶ税理士試験 〔姉妹サイト〕

税理士というと、税金の計算や経理のようなイメージがありますが、実際は
税務業務以外にも行政書士業務もでき、条件はつきますが社労士業務も可能です。

さらに資産運用の相談も必ずといっていいほど関わってきます。

非常いオールマイティな 資格です。
相続や資産運用で不動産も当然あつかうことになるので、
宅建とも相性が よい資格です。

難関な資格ですが、会計士や弁護士と
試験方法が異なり、時間をかけ 地道に科目を合格していけるので取得できる
可能性が高い資格です。

さらに営業できる範囲が膨大なので、アイディア次第で事業を大幅に広げられます。
独立を考えるのならばぜひ取得したい資格です。


・ファイナンシャルプランナー+宅建

はじめて学ぶファイナンシャルプランナー 〔姉妹サイト〕

不動産の売買・交換・貸借の仲介などを業務として行う
事務所に欠かせない存在が、宅地建物取引主任者です。

事務所の従業者5名に1名以上の割合で専任の
宅建主任者をおくことが、法律で義務づけられています。

また、不動産の取引の際に、顧客に対し重要事項の説明をしたり
契約書に記名・押印することは宅建主任者が行わなければなりません。

ライフプランにおいて不動産は非常に大きなウェイトをしめます。

購入や買い替えには長期的な資金計画が必要になってきます!
また不動産の購入は必然的に相続が影響してきます。

今後この物件の評価がどうなるか?
将来的に贈与をしていくのか?

また不動産賃貸業を行う場合も出てきます。
こういったとき、宅建以外にFPを所有していれば
不動産の売買だけでなく、総合的なコンサルができちゃいます!


スポンサードリンク