宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > はじめて学ぶ宅建 > 宅建の需要はどのくらい? 

宅建資格の需要

宅建主任者は昔から人気の資格で現在も人気上位にくる資格です。
もちろん需要があるので上位にくる資格なのです。

需要がある理由は、宅地建物取引業法により、不動産業を営むために
5人に対して1人以上の宅建主任者を設置しなければならないからです。
これにはマンションの案内所なども含まれるのです。

今後はこの規定がさらに厳しくなり3人に対し1人以上になるといううわさ
もあります。

これはラッキーだなと思うのですが、実際は不動産業にかかわる人はほとんど
宅建主任者を所有しているのが現状です。今では不動産業界の場合では
必要不可欠の資格といえるでしょう。

需要があるというか、持っていてあたりまえという感覚になってきています。
バブルの影響もあったせいで、所有者は大量にいるのです。
それならとっても仕方がないなあ〜とは思わないでください。

永久資格なので一度とったら死ぬまで所有できます。

価値は薄れてきましたが、企業では評価の高い資格なのです。
これから就職活動の人は若いうちにもっておきましょう。
(資格手当てがでる会社も多くあります)

この資格は新卒は当然のこと、転職で有利になる資格です。
再就職まで余裕があればオススメの資格です。

また宅建試験では法律を学習するので日常生活で非常に役に立ちます。
個人資産を 自分で守る力をつけられます。

有資格者が多いのはそれだけ活用できる資格だと思っています。
私が個人的に学習時間のわりに幅ひろく活用できると思っている資格は

・税理士
・日商簿記2級
・宅地建物取引主任者
・ファイナンシャルプランナー


どれも決してラクなものではありませんが、私の経験から書いてみました。


スポンサードリンク