宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > はじめて学ぶ宅建 > 宅建で食べていける?

宅建資格で食っていく

「宅建主任者で食べていきます!」

というのはあまり聞きません。

会計士や弁護士、そして行政書士、社労士の場合は独立して食べていく
というのはよくありますが、宅建でやっていくということは宅地建物の売買、
取引で稼ぐということです。

確かに独立して宅建主任者を所有している人は沢山いるでしょう。
ただ、宅建主任者の資格のみで食べている人は少数だと思います。

建築士や税理士、ファイナンシャルプランナーの方など営業していくにあたって
宅建主任者の資格が必要になってくる場合があります。
つまり宅建主任者と他の資格を複合して営業するのが一般的です。

不動産をあつかうという事は非常に特殊なのです。
大学前不動産や駅前不動産のように地元との付き合いや資金も必要
そして信頼などが非常に重要になってきます。

バブリーな時代に宅建業は肥大し、現在では先駆者が沢山います。
宅建業のみで新規参入するのは非常に厳しいというのが現状でしょう。
さらに宅建主任者は報酬の請求可能な額も一定の計算で定められしまっています。

つまり宅建のみでの独立は依然と比べ、現在は難しいということです。
----------------------------------------------------------------------
ある日元同僚が「宅建主任者をとって、お金持ちになる」と話をしてきたことがあります。
宅建主任者でどうやって稼ぐの!?って私思ったのですがその同僚がいうには
「資格だけとって、名義貸しをするんだよ」とのこと

・・それって違法だよきみぃ


スポンサードリンク