宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > はじめて学ぶ宅建 > 宅建の仕事ってなにするの?

宅建の仕事

人気の資格でかならず上位にくるのがこの宅建です。

不動産会社へ就職するために必須だとか、金融機関への就職にも有利とか
話ではちょこちょこ聞きますが、その資格でなにができるかってよくわからないですよね。

宅建業法により宅建主任者の業務は決められています。
ざっと一覧にしてみますね。

・物件紹介
・物件確認
・物件売却
・不動産調査
・媒介契約の締結
・重要事項の説明
・売買契約の締結
・契約内容の履行
・業者への紹介、依頼

などなど

宅建主任者も他の士業資格と同じく独占業務があります。
独占業務は簡単にいうと【重要事項の説明は宅建主任者が説明すること
重要事項の説明書や契約書には宅建主任者の記名が必要
】なのです。

さらに宅地建物の取引を行う場合は1つの事務所の従業員5人に対して
かならず1人以上の宅建主任者
を置かなければならないのです。

宅地建物不動産を営む個人または会社には必須の資格というわけです。
宅建主任者を所有している人は結構いるのに需要がある理由なんですね。

私の知り合いの本屋では賃貸の不動産をあつかっていますが
店長が宅建主任者を所有しています。

私の前職場の会計事務所でも所長が宅建主任者を所有していました。
不動産を営むといっても、不動産会社だけが不動産をあつかうわけではありません。
ちいさなスーパーが不動産をあつかっている可能性もあるのです。

ただ宅建主任者のみで独立し、宅建業を営もうと考えている人は相当努力が必要です。
不動産という特殊なものを扱うので地元でのコミュニケーション、信頼がものをいいます。

宅建を含め士業の世界は、資格取得のための学習と実務がかけ離れています。
資格をとっても実務はまったくできないのです。 たとば税理士でも税金の計算は
わかっても、申告書の提出の仕方がわからなかったり するわけです。

将来宅建業を営みたいという人はとりあえずどこかの会社へ入って、誰にも負けない
専門分野を取得してから独立というのがいいと思います。

また他の資格との複合で営業活動をしていくのが一般的です。

就職活動では簿記やFPとおなじく、非常に力をもつ資格なのは間違いありません。
また将来起業して事業を営む場合でも持っていると事業の幅が広がる資格です。
決してラクな資格ではありませんが、チャレンジしてみる価値はありです。


スポンサードリンク