宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > はじめて学ぶ宅建 > 宅建ってなに? 

宅建とは?

宅建」というは略称で正式名称は「宅地建物取引主任者」といいます。

不動産の取引というのは非常に大きな取引のうえ、契約などが複雑です。
これら宅地建物の取引が公正に行われるようにするために 昭和33年に
建設省が作ったことが始まりです。

当時は「宅地建物取引主任者」ではなく、「宅地建物取引員」と呼ばれていました。
とても長い歴史のある資格なんですね。

宅地建物の取引を行う業者は事務所1つに対し5人中1人は宅建所有者を設置
しなくてはならない
と定められています。

バブル期は約30万人もの受験生がいました、現在は20万人を切っています。
ちなみに行政書士は約7万人、税理士は約6万人、日商簿記3級は約10万人
バブル期の頃よりは人数が落ちたとはいえ、他と比べると圧倒的ですよね。

この宅建の圧倒的人気の理由は不動産業界では必須というのも一つの理由ですが
だれにでも受験でき、サラリーマンはもちろん主婦にだって役に立つ内容だからです。

不動産取引を公正に行うのが目的の資格ですが、民法を扱うためで幅広い分野で
評価が高いのです。

また弁護士や会計士のように超難関な試験ではないので、3ヶ月〜6ヶ月程度で取得可能です。

資格試験は一般的には時代とともに難しくなる傾向にあるのですが宅建は合格率が
10年以上15%前後の推移なのでこのレベルまだ当分は続くのではないかと思います。


スポンサードリンク