宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > 復習方法にこだわる!- 宅建試験

宅建試験の復習方法

復習というのはついつい先延ばしにしてしまいがちです。

人の記憶というのは、なにも復習しない場合、学習を開始して
短時間上昇したあとに急速に下降していきます。

1時間の学習のあと24時間のうちに情報の80%が失われてしまいます。

この莫大な記憶の減少を抑えるために復習が必要なのです。

復習を適切に行えば、学習直後の高い記憶水準を維持することができます。
1番復習に適した時間というのは、
記憶が落ち始める直前に復習するのが効果的です。

具体的にいうと、1回目の復習は10分後に10分間行います。
これによって1日は記憶が保たれます。

そして1日後に2回目の復習を行います。
これは2分から4分くらいでよいです、見るだけでも脳はインプットしてくれます。

記憶はその後1週間ほど維持されます。

ここでまた2分間復習をして、

さらに1ヶ月後にもう一度復習すれば完璧です。

ここまでやれば、あとは刺激を与えるだけで記憶を保持できることになります。
ただ復習を効率にするためにはノートのとり方やテキストへの書き込みを工夫する
必要があります。

復習を効率的に行うために、マインドマップというテクニックがあります。
一つのテクニックですが、非常に簡単なのでぜひ活用してください。

宅建試験だけでなく普段の生活でも使えるまとめ方です。
大分有名になったのでほとんどの方が知っているかもしれませんが。

→マインドマップで効率的な復習をしよう


スポンサードリンク