宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > 過去問を解くことでわかる

宅建試験 過去問

過去問は独学においてもっとも重要な部分です。
過去に出された問題は同じように出題されることがよくあるからです。

さらに過去問を解くことで

・問題のレベルがわかる
・出題傾向がわかる
・自分の不足部分がわかる

などなど

過去問は様々なことを教えてくれます。
過去問を解くときは選択肢をただ選択するのではなく
その選択肢がなぜ○でなぜ×なのかを理解することが大事です。

宅建試験過去問専用のノートを作ることをオススメします。
ノートに選択肢ごとに○×の理由付けを書いていくのです。
過去問のページ数も書いておくと復習しやすいです。

テキストのインプットと過去問によるアウトプットの繰り返しが
脳によい刺激を与えて記憶力を加速します。
インプットばかりでは効率が悪いです。

宅建試験は過去問の使い方が大事です。


スポンサードリンク