宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > テキスト、過去問の使い方 宅建資格試験

宅建試験の参考書の活用方法

■テキストは何度も読む

私達の勉強の仕方は義務教育で教わった方法が根付いています。

必ずテキストを最初から最後まで丁寧に読んでいきます。
飛ばし読みなんてむちゃしたら怒られます。

テキストを長い時間かけてじっくり読む(じっくり型)のと、
短時間で何度も読む(せっかち型)のとどっちが記憶に残ると思いますか?

これはせっかち型のほうが記憶には残りやすいのです。
いくらじっくり読んでも記憶ってあまり残らないです。

つまり1つのテキストを何度も何度も繰り返し読んだほう記憶に残りやすいのです。
過去問解いて分からないときにはじめてじっくり読むのが効率のよい学習方法です。
宅建試験は効率的に学習したいものです。

■繰り返し学習すること

宅建試験では過去に出題されたものと同じような問題がまた出題されたりします。
最低限過去問は確実に解けるようにしておきましょう。

■学習の基本的な流れ

@テキストを一気に読む
A宅建過去問を解く
B間違えたらテキスト・参考書で確認
C過去問で間違えたところを解く
D間違えたらテキスト・参考書で確認


の繰り返しの流れで学習していくのがよいと思います。

■過去問集を有効に活用する

過去問は100%正解できるようにしておきましょう!!
そして効率的に学習するためには過去問を有効に使いましょう。


スポンサードリンク