宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > ゴロ合わせで覚える

宅建試験ゴロ合わせ

宅建試験の最短合格を目指すならゴロ合わせを活用するのがよいです。
イメージで覚えられるので、記憶の定着力が倍増します。

記憶術でもよく使われる手法ですね。

管理人オススメのテキストの「らくらく宅建塾」でもゴロ合わせの暗記が中心です。
テキストに載っていないものは、自分で作ってしまいましょう!

自分で考えるとより頭に入りやすいです。強引な例えでも構いません。
意味のない例えでも構いません。

効率的に合格を目指すなら、チャレンジする価値ありです。

相続の遺産分割の例 

第1順位: 直系卑属1/2+配偶者1/2
第2順位: 直系尊属1/3+配偶者2/3
第3順位: 兄弟姉妹1/4+配偶者3/4

    卑属    尊属  兄弟  1/2         2/3    3/4    相続
    ヒーさん、ソンさん兄弟さんが死んでがりなさんが相続しました。

ヒーさんがお兄さんでお嫁さんは寒がりだったそうです。

職場での実務上覚えておく必要があったのでこんな感じで覚えました。
自分の妄想で作ったものなので、他の人では覚えづらいかもしれません。
こんな強引に作ったものでも、なぜか記憶に残りますよね。

ゴロ合わせの参考になるホームページがあるので紹介します。
宅建試験の独学の方にはとても参考になるサイトです。

宅建合格しませんか?
スポンサードリンク