宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > 教材選びのポイント

宅建試験参考書選びのポイント

◆テキスト選びのポイント

1. 中身は読みやすいか?

イラストや図表がつかってあり、ゴロ合わせを使っていてわかりやすいもの。
色も2色以上つかってあるほうがよいです。
実際に本屋へ行き宅建試験コーナーで立ち読みしてみてください。

自分にあってないテキストだと 余計な労力がかかってもったいないです。

2. 出版社や著者名は信頼できるか?

いくら中身がわかりやすくても、出版社や著者名が信頼性がない場合は避けた
ほうが無難です。実際の試験で的外れだとたまりません。

大手のものを選んだ方が、情報に信頼性が高いのでベターですね。
聞いたことのない著者名の場合はプロフィールをチェックしてみてください。
その人が直接ではありませんが、宅建の先生になるわけですから。

3. 出版年月を間違えないようにしましょう

当たり前のことですが、ちゃんと今年度版のものを選びましょう。
法改正は毎年のようにあるので、気をつけましょう。


◆宅建の通信講座選びのポイント

1. 資料を集めるだけ集めましょう

通信講座のデメリットは、中身を確認してから選べないことがあります。
なので、インターネットやスクールガイドで資料を集めるしかありません。
また書店にも色々あるので、書店でも探してみてください。

見比べて自分の環境にあったものを選びましょう。
宅建通信教材のサンプルや体験版がある会社もあります。

最近はインターネットが活発なので、ブログ等で体験話もあります。
便利な時代になったものです。

2. 直接問い合わせてみましょう

宅建試験の学校へ直接問い合わせるのは、とても有効です。
対応の良さ・悪さや、電話やメールへの反応の時間など
とても参考になる情報が手にはいります。

3. 10万以上の通信講座を選ぶ場合

もしも高額の通信講座を選ぶなら通学にするべきです。
通学の方が、合格率はぐっと高くなります。もったいないです。
宅建の通信講座は高ければ良いものというわけでもないです。

4. 通信講座のコースによる価格の違い

通信講座は教材の種類により価格が違ってきます。
値段が高い順にならべると

@講義ビデオ付きの教材
Aカセット、CDなどの講義テープ付きの教材
Bテキストのみの教材

テキストだけの理解が苦手な人などはカセット付きを選んだほうがいいです。
できればビデオ(DVD)付きのものが分かりやすさを考えると安心ですね。


スポンサードリンク