宅建試験の合格を目指す人のための情報が満載!初学者に優しい宅建資格入門サイト。
宅建|試験と資格 宅建試験・資格の初心者ガイド
宅建資格試験の勉強法や通信教育(講座)の比較は、はじめて学ぶ宅建試験で!
ホーム > 学習をはじめよう > 独学or通信? 宅建試験

通信講座か独学か? 宅建試験

独学でのメリット

1:費用が安い
2:自分のペースで学習ができる。
3:つまり全て自由に学習できるということ。

独学のポイントは安い、自由ですね。

つまり自由という事は、、

・宅建試験の教材も自分で選ぶ
・法改正情報も自分で入手する
・学習スケジュールも自分で作る
・疑問点も自分で解消する、、、などなど

これらを自分で解決できるなら独学でよいと思います。
その点通信教育ならこれらの問題は解決します。

通信ならば、

・スケジュールも決まっている
・情報も勝手に提供してくれる
・自分の学習のレベルも把握できる
疑問点も会社によっては電話で聞ける

しかし、何もデメリットがないというわけではありません。

●まず事前に教材の中身を見て判断できません。
●そして値段が高い!(といっても5万くらいからありますが)

教材の中身が見れないのがちょっと辛いとこです。
なので、値段やプランなどで宅建通信講座の比較してみました。

→通信講座を徹底比較

独学にしても通信講座を選ぶにしても、自分の環境にあったものを選択する事が大切です。もしも社会人で毎日の学習時間が十分にとれないのに、3ヶ月での短期合格を目指すというのは「計画倒れ」になる可能性が大です。

確実に達成できる無理のない試験対策スケジュールを作る必要があります。


スポンサードリンク