スポンサードリンク

宅建と相性の良いファイナンシャルプランナー

人生において不動産というものは金銭的に非常に大きなウェイトをしめます。

不動産の購入や買い替えには長期的な資金計画が必要になってきます。無計画でポンっと買える人も中にはいるかもしれませんが(^^; また不動産の購入は必然的に相続にも影響してきます。

今後この物件の評価がどうなるか? 将来的に贈与をしていくのか?今後、 購入した不動産を投資物件にするかもしれません。

こういったとき、宅建以外にファイナンシャルプランナーを所有していれば 不動産の売買だけでなく、お客さんの資産設計やライフプランの提案をすることもできるようになり、営業の幅を広げられます。



その他運営サイト
行政書士 
行政書士とは?
日商簿記検定 
簿記検定を知ろう!
ファイナンシャルプランナー 
FPを学ぶ
社会保険労務士 
社会保険労務士はなんぞや!?
税理士 
税理士を目指そう!

yahoo!
-Yahoo!JAPAN掲載サイト-